イチロー選手の高校時代


今回も野球選手にまつわる話です。

 

野球の好き嫌いに関わらず、多くの日本人が知っているであろうイチロー選手。

今月3日に「スペシャルアシスタントアドバイザー(会長付特別補佐)」の契約を結び、選手としては今季の残り試合は出場しないことが発表されました。

来季は現役に復帰できるのどうか、現時点では何とも言えませんが、彼はそのための準備をしていくことでしょう。

 

イチロー選手の現時点までの日米通算安打は4367本。

これは世界最高記録です。

この他にも、NPBでは「首位打者獲得回数」「シーズン連続試合出塁」「シーズン連続打席無三振」「通算盗塁成功率:.858(100盗塁以上対象)」など23個、MLBでも「シーズン安打数」「10年連続200安打」「5年連続右翼手最多刺殺」など13個の歴代記録を保持しています。

イチロー選手は間違いなく伝説のプレーヤーと言えます。

 

体格的には決して恵まれているとは言えないイチロー選手が、どうしてここまで活躍することができたのか?

その秘密は、彼の努力を継続する姿勢にあるようです。

 

イチロー選手が、デビューして間もない頃、ある人から次のような質問を受けました。

「今までに、これだけはやったな、といえる練習はある?」

それに対して、イチロー選手はこう答えました。

「僕は高校生活の3年間、1日にたった10分ですが、寝る前に必ず素振りをしました。

その10分の素振りを1年365日、3年間続けました。

これが誰よりもやった練習です。」

 

1日10分の素振りは1回だけなら誰でもできます。

しかし、1ヶ月継続できる人は、どれだけいるでしょうか?

さらに、半年継続できる人は?

そして、1年間継続できる人は?

 

こうして、多くの人が努力を継続できずに脱落していく中、イチロー選手は高校3年間素振りを毎日継続したのです。

(もちろん、高校3年間だけでなく、その努力は今も続いているはずです。)

 

天才と呼ばれるようになる人の共通点は、

「誰でもできるような小さなことを誰もできないレベルまで継続できるかどうか」

ということです。

 

継続ができればあなたも(野球のプレイヤーという意味ではなく)イチロー選手になれます。

 

あなたが継続したい習慣は何ですか?

あなたが継続すべき習慣は何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る