逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ。


先週末、新潟から静岡へお越しになられた先輩にお声を掛けていただき、夕飯をご一緒しました。

待ち合わせ場所へ向かう途中でストリートミュージシャンが唄っていたのですが、その歌声は…お世辞にも上手いとは言えない!

私は歌をやっている友人【平原謙吾】くんのCDを毎日聞いているので、その差は歴然。

 

あのレベルでよく人前に立てるな~

と思った瞬間、

あのレベルでも自分を表現しよう・夢を実現しようと行動している彼は凄い!

という尊敬の念が沸き上がりました。

 

自分はどうだろう?

世間体ばかり気にして、やりたいことをやっていないんじゃないか?

準備ができていないからと、今やるべきことをやっていないんじゃないか?

まだ時期(時機)じゃないと、いつ来るか分からないその時を待つだけになっていないか?

 

今の自分を顧みると同時に、彼ぐらいの年齢だった時の自分は何をしていただろうとも考えました。

 

20歳になるかならないかの頃は、大学の下級生時代で学ランに身を包み、東京のおしゃれな街中で大声を張り上げていました。

行き交う人々にどう思われようと、一心不乱に誇りをもって行動していました。

 

なんだ、俺も人の目など気にしていなかったじゃないか!

あの気持ちを何処にしまい込んでしまったんだ?

もう一度引っ張り出してこなくては!!

 

今日は6月6日。

芸事は6歳の6月6日から習い始めるとよいと言われます。

46歳の6月6日から新たな自己表現を始めてやろうじゃありませんか。

46歳は人生の後半がスタートしたばかり、今からのチャレンジでも遅過ぎることなんてないはず。

 

周囲から何と評価されようと、勇気をもって取り組もう。

 

逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ。

って、6月6日生まれの碇シンジくんも言ってるし(笑)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る